2021年11月16日

企画展情報

企画展開催のお知らせ

令和3年12月18日(土)~令和4年3月21日(月・祝)

大隈重信没後100年記念特別企画展
「大隈重信の円と縁」を開催いたします。

大隈重信が尽力し制定した新貨条例と円貨幣の発行から、今年で150年の節目を迎えます。明治政府が発行した太政官札が下落する中、大隈は国の財政金融のかじ取りを任され、明治14年の政変で下野するまで、大隈財政を展開しました。また大隈は、日本初の銀行である第一国立銀行や民間銀行の設立、学校設立にも大きく寄与しています。

 本企画展は2部構成とし、第1部では「円の誕生」と題して、藩札から円へと移行した流れと円貨幣に関連する資料を紹介します。第2部では「郷土へ」と題し、大隈が郷里佐賀の学校、銀行などの設立に大きく貢献していたことを、さまざまな資料から紹介します。

職員によるギャラリートーク

 当館の館長と学芸員によるギャラリートークです。展示だけではお伝えしきれないエピソードなどを、資料の解説とともに楽しく紹介します。お気軽にご参加ください。

【日時】令和3年12月25日(土)14:00~

    令和4年 2月19日(土)14:00~

溜渕孝浩氏によるギャラリートーク

【テーマ】大隈重信もびっくり!?人生100年時代のお金の話

 財政や金融の専門家による、現代市民のためのお金の話。知っておくべきお金の知識を、分かりやすく、楽しくお話します。お子様から大人まで、どなたでもお気軽にご参加ください。

〈講師〉溜渕孝浩氏

   2021年3月「めざせ大隈重信王!小学生クイズ大会」を主催。財務省福岡財務支局勤務。

【日時】令和4年2月5日(土)14:00~

大隈重信没後100年記念特別企画展「大隈重信の円と縁」

第一部  円の誕生

期間:2021年12月18日(土)~2022年1月21日(金)

休館日:展示入替日▶2021年12月17日(金)

    年末年始▶2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)

第二部 郷土へ

期間:2022年1月23日(日)~2022年3月21日(月・祝)

休館日:展示入替日▶2022年1月22日(土)

          2022年3月22日(火)

場所:大隈重信記念館 2階企画展示室

  時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

  入館料:大人330円(20人以上の団体は220円)/ 小・中学生160円(20人以上の団体は110円)

チラシ【最終版】

ページトップへ