施設案内

大隈重信候旧宅の紹介

概要

大隈記念館外観 大隈重信は、天保9年(1838)佐賀のこの地)佐賀市水ヶ江2丁目)で生まれました。生家は天保以前の武家屋敷の面影を残した貴重なもので、昭和40年に国の史跡に指定されています。 大隈が産声をあげて成長した八太郎時代の家庭と、その遺徳をしのぶことができる貴重な遺跡になっています。
 庭園には、大隈を敬愛した政治家・波多野敬直の筆による「大隈重信侯の生誕地」の記念碑が建っています。

前の画面へもどる